NEWS一覧へ

2020/08/18

ご存知ですか?正しい名刺処分・廃棄方法について



どのタイミングで捨てる?どのように処分する?

ビジネスのスタートに欠かせない名刺交換。交換はしたけれど、その後名刺管理アプリに登録したり、情報が古くなってしまったりで使わなくなった名刺はありませんか。溜まってしまった名刺を処分する際に注意したいのが「個人情報の流出」。名刺には氏名や肩書、連絡先など様々な個人情報が書かれています。処分する際、そのままゴミ箱に捨てるようなことはお勧めできません。不適切な処分をしたことで、会社の信用を落とすことが無いようにしたいですよね。では、名刺を処分する方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

名刺の管理方法・処分方法は会社で統一しよう。

名刺を処分する方法として一般的なのは、シュレッダーで裁断する方法です。処分する名刺が大量にある場合は、重要書類を廃棄する専門の業者に依頼する方法もあります。その際、「廃棄証明書」を発行してもらうことで、委託先からの個人情報流出を防ぎましょう。


個人情報の流出に配慮し正しく処分しましょう


まとめ

名刺の管理方法・処分方法は会社で規定が設けられている場合があるので、会社のルールに則って正しく処分しましょう。
山櫻の名刺発注システムcorezoのデジタル名刺なら、情報も新鮮に、処分する手間もかかりません。
この機会に紙の名刺とデジタル名刺の併用を考えてみてはいかがでしょうか?