2021年2月リリース予定

オンラインで渡せる、つながりが見える

ビジネス名刺の新常識

デジタル名刺管理サービス

資料ダウンロードはこちら

デジタル名刺とは

紙の名刺はシンプルに、情報はデジタル名刺で

「新しい生活様式」への対応が求められ、テレワークの導入が加速するなか、オンラインでの商談や会議が浸透し、対面でのやりとりは大切なお客様との間で行われ、限られた機会になりつつあります。

そんな中、ビジネスには欠かせない名刺にも変化の兆しがみえ、「デジタル名刺」への注目が高まっています。

デジタル名刺には、名刺の画像や名刺に記載されている基本情報はもちろん、紙の名刺には掲載しきれない顔写真や個人のプロフィール情報、営業している商品やサービスの紹介まで、様々な情報を掲載することができます。

山櫻では、紙の名刺はシンプルに、情報はデジタル名刺で伝える方法を提案します。

NAME ROOM でできること

山櫻では、紙の名刺とデジタル名刺どちらも発注が可能な名刺発注サービス「corezo(コレッソ)」で作られたデジタル名刺を、
デジタル名刺管理サービス「NAME ROOM(ネームルーム)」で管理することができます。

MY ROOM
新しいビジネスの数だけROOMが広がる
  • ・セキュアなデジタル名刺交換の場を提供
  • ・corezoユーザーは会社で承認されたオフィシャルなデジタル名刺を渡せる
  • ・1:1はもちろん複数人同士の交換も可能
MY BOOK
渡した名刺を管理する
  • ・デジタル名刺の情報やROOMでの
    交換履歴を管理
  • ・異動・昇進による名刺情報の内容を
    リアルタイムに反映
  • ・受け取った人も保存できる。
    corezo非会員もBOOK作成が可能

導入メリット

MERIT 1
渡したデジタル名刺の視える化

これまでは、「もらった名刺」を名刺管理ツールでスキャンしたり、アプリで登録してデータ化するのが一般的でした。そのため、デジタル名刺をビデオチャットサービス経由で交換した場合、「いつ」「誰と」「どんな名刺を交換したか」把握することができませんでした。NAME ROOMは、オフィシャルなデジタル名刺の交換履歴だけでなく、「渡した名刺」の内容や交換相手の情報も保持。交換した本人だけでなく同僚や上司にビジネスのつながりを共有することが簡単に実現します。

MERIT 2
デジタルだからこそ確実なものに

従来の紙の名刺は渡しやすいという利点はありますが、印刷物という特性上、情報はもちろん更新されません。しばらくすると肩書・部署・電話番号などさまざまな情報が変わり「連絡先の伝達」として本来の役割を果たさないことも。デジタル名刺は受け取った後も渡す側が編集することでリアルタイムに情報が更新。一度の名刺交換でお互いの経歴の変化を把握することができます。

MERIT 3
営業だけでなくスタッフ部門も。
小ロットで購入でき無駄がなくエシカル

1箱に入っている名刺の枚数は100枚。名刺交換の頻度が少ない場合、1箱使い切れないうちに異動や人事改変で名刺情報が変更になり紙の名刺をこれまで何度破棄してきたでしょうか。デジタル名刺なら無駄がありません。少ない枚数から発注が可能なので、これまで名刺を配布していなかったスタッフ部門の方も名刺が持てるようになります。

デジタル名刺の
資料ダウンロード

デジタル名刺機能や
活用方法についてご紹介!

「デジタル名刺に興味はあるけれど、どのように活用するのかイマイチ分からない」「紙の名刺との使い分けはどうするの?」といった方のために、NAME ROOMのデジタル名刺の特長をPDFにまとめました。

よくある質問

Q1

デジタル名刺とは何ですか。

デジタル名刺とは、インターネットを利用して渡すことができる名刺のことです。Web上での商談や会議が浸透する中、オンラインで名刺交換することができるデジタル名刺に注目が高まっています。NAME ROOMのデジタル名刺は渡すだけでなく、渡した履歴も管理することができるため、営業活動に役立てることができます。

Q2

複数名のデジタル名刺を渡すことは可能ですか。

可能です。自分のみの名刺を渡すことも可能ですし、上司などを含めた複数の名刺を同時に渡すこともできます。

Q3

NAME ROOMを利用していない方でも、デジタル名刺を受け取ることは可能ですか。

可能です。デジタル名刺のURLがメールで送付されますので、受け取った方はURLをクリックし、IDとパスワードを入力するだけでアクセスすることができます。アプリなどをインストールする必要がないため、どなたでも簡単にご利用いただけます。

Q4

corezo(コレッソ)とは何ですか。NAME ROOMとの違いは何ですか。

「corezo」は、紙の名刺とデジタル名刺の両方を発注できる名刺発注サービスで、「NAME ROOM」は、オンライン名刺交換をした履歴を管理することができるサービスです。
corezo非会員でもNAME ROOMのご利用は可能ですが、corezo会員であれば、corezo上で作成した紙名刺と同じ内容のデジタル名刺を渡すことができます。

Q5

料金はいくらですか。

料金に関しましては、お客様ごとにご案内しております。問い合わせフォームもしくはお電話にて、お気軽にお問い合わせくださいますようお願いいたします。